形見分けから遺品整理に

遺品整理とは、読んで字の如し、遺品を整理・分配または処分することで、「形見分け」と呼び、遺産の内でも、亡くなった方が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品などの不動産ではない物品全般を遺品と言います。

中には財産価値の低いものや使用価値のないものも含まれますので、整理をしながら、処分も合わせて考えなくてはなりません。

かゆいところに手が届くサービスでおススメしたいのはこちら⇒遺品整理ネクスト(1K40,000円~)遺品整理士協会認定企業

思いがけない不慮の事故や急な病死などの場合や、故人が借家などに一人暮らしの場合には、速やかに賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような状況も発生します。

葬儀などの法事が終わったのち、直ちに遺品整理や形見分けを行なわないといけない場合も少なくありません。

日記や手帳・アドレス帳やメモも含め、1~2年程度は、何かと必要になることもあるので、整理と言うよりは、きちんと保管しておく必要があり、特に預金通帳や証券類は相続人が保管の状況や所在を明確にしておく必要があります。

その他の大物家具や電化製品などの家財道具や書籍などは遺品としての引き取り手があれば、贈与や寄贈となります。

中には引き取り手のつかないものや、財産としての処分できないものもあるので、それぞれの物品を専門的に取り扱う、引き取り業者などに相談してみては、いかがでしょうか。